研修班活動

各学科ごとに研修班があり、学科の専門性を生かした内容の研修班活動を行っています。

農業科  林産工芸科   環境デザイン科   生活科学科  
草花  森林科学  造園デザイン アグリフード
野菜
果樹 林産加工 建設システム 園芸福祉
畜産




日本学校農業クラブの詳細はこれより下にあります。
又、次のURLにてFFJのホームページにリンクします。
http://www.natffj.org/

日本学校農業クラブ連盟(FFJ)って何ですか?

 日本学校農業クラブ連盟は、1948年(昭和23)4月、第二次大戦後の学制改革により新制高等学校が発足し、新しい農業教育の方法としてホーム・プロジェクト法が導入され、生徒の自主的、自発的活動を促進するための組織として作られたのが始まりです。1950年11月2日、全国の農業に関する学科をおく高等学校の全国連盟の結成大会が東京で開かれ、日本学校農業クラブ連盟(FutureFarmers of Japan;FFJと略称する)が成立したのです。
 1908年アメリカマサチューセッツ州の農学校では、学校の教科で学んだことを家庭の農業に実際に適用しながら学ぶ方法(Home Project Method)を採用し、農業科を履修する学生のためにクラブを作りました。1928年には、全米組織としてFuture Farmers of America(FFA)が誕生しました。FFJは、FFAを参考にして作られました。

FFJの目的は?

 FFJの目的は、全国の農業クラブ活動を推進して、クラブ員の産業人としての資質を高め、明日の農業の発展に貢献することです。この目的を具体的に示したものを目標と称し、次の3つを1950年の結成以来から指導しています
1.指導性
 「指導性」とはFFJ活動に参加して、自分の意見を積極的に述べるとともに、他の人の意見に耳を傾け正しく理解して尊重し、FFJの考え方や行動を正しく推進する力を身につけることです。
2.社会性
 「社会性」とは、広い視野をもった幅のある人格を養い、協力して物事を行う力を養ったり、FFJ活動や地域社会の有益な事業に参加して、広く公共に奉仕する精神を養うことです。
3.科学性
 「科学性」とは、私たちが将来、農業や各産業に従事するときに必要な知識と技術をしっかり身につけ、将来、直面するであろう諸問題を合理的に解決する力を身につけることです。

FFJはどんな活動をするの?

1.プロジェクト学習
 自ら研究テーマを決め、学習計画を立て、実施をし、結果を整理し、反省を加え、さらに新しい学習計画を作成する学習法です。農業学習における問題解決の学習として効果的です。実際には科目「農業基礎」「総合実習」「課題研究」などで取り入れられています。
2.専門科目の学習
 FFJのメンバーはそれぞれの専門性を生かした実験・実習に積極的に取り組んでいます。また、職業的資格にも結びつけながら、自己を高める努力をしています。
3.全国大会
 1年間の成果が示される全国大会が毎年10月か11月に開催されます。

 ☆第61回日本学校農業クラブ連盟全国大会(北海道大会)
   農業鑑定(林業)最優秀 加藤悠希

4.国際交流活動

 米国派遣農業実習としてFFJのメンバーが3週間のホームステイや農業研修を行っています。1986年からこの事業が開始されました。 また、交流組織としてFFJと同様の組織を持つ、(アメリカ)、FFK(大韓民国;韓国営農学生連合会)、FFT(タイ王国)と密接な関係をもって、国際感覚を高め、親善に寄与しています。